Loading…

かさ地蔵

Posted by PL編集部 on 2012. .31 未分類
地蔵_blog

私の自宅の近所の、あるビルの前にお地蔵様が立っています。

このビルは、今年建て替えられたのですが、工事中、お地蔵様はどこかに移動。
新しくなると同時に戻ってきました。

お地蔵様はいつもキレイに磨かれています。
月曜日になると、両脇に新しい切り花が供えられます。
建立された由来はわかりませんが、とても大切にされているようです。

お地蔵様は、以前は何も身につけてなかったのですが、
今年は、寒くなるにつれてどんどんアイテムが増えています。
赤いよだれかけ&赤い頭巾(ここまでは定番?)、赤い毛糸のマフラー(手編みっぽい)、
そして先日の雨の日、遂に笠をかぶりました~!
※写真は晴れた日なので笠を背負ってますが、雨が降るとちゃんとかぶっています。

今日は大晦日。
お地蔵様は、笠をかぶせてくれた人のところに御礼に行くのかしらん。

よいお年を!

まりも
スポンサーサイト

『Secret Romance この愛は罪になる』配信スタート!

Posted by PL編集部 on 2012. .30 作品情報★らぶドロップス
SecretRomance_ブログ記事
『Secret Romance この愛は罪になる』
著者:御堂志生
イラスト:ひたき


なにごとも“初めて”って忘れられないものですよね。
初めて行った東京ディズニーランド、初めて乗ったカレのバイクの後部座席
初めて食べたモツ鍋…私にもたくさんの忘れられない“初めて”があります。
だからこそ、初めて好きになった相手と初めて性体験をしたら……、
その人にとって強烈なインパクトが残ると思うのです。

朝倉一樹は、妹の同級生のと彼女が中学に入学したばかりの頃に知り合い、
あどけない少女から大人の女性へと成長していく姿を見守ってきました。
大学卒業を間近に控えたある日、高校一年生になったが思いつめた様子で一樹の元に来ます。
わたし、ずっと思ってきたの……一樹お兄さんに初めての人になって欲しいって」。
に懇願され、彼女を抱いてしまった一樹。彼にとってもまた、最初の女性でした。
将来を約束し一樹は留学先のアメリカへ旅立ちますが、まもなくは行方不明に。
そして9年後、二人は偶然再会して――。

この作品は『Xmas Romance 恋は裸ではじめよう』の姉妹作
100人以上の女性と関係があるというプレイボーイの弟の修二と違い、
兄の一樹は恋愛に対してとにかく不器用&真面目すぎ~。
も一途な性格なので、二人の間にはさまざまな誤解が生じてしまうのです。

●御堂さんより、コメントをいただきました!
御堂です、いつもお読みいただきありがとうございます。
10代20代の9年間といったら、果てしなく長い年月だと思います。
でも後になって振り返れば、あっという間に感じるものですよね? ね?(笑)
執筆中は、2人の微妙にすれ違うセリフのやり取りが楽しかったです。
『恋は裸ではじめよう』と合わせてお楽しみください!
今年1年、どうもありがとうございました。


運命に翻弄される二人は真実の愛を掴めるのか。
どうか見届けてやってください!

けろ子

●読みたい方はいますぐサイトへ!
携帯電子書籍サイト よみーな(docomo/au/softbank)
その他の携帯電子書籍サイト、PC、スマートフォンでも順次配信

コミケ

Posted by PL編集部 on 2012. .29 余談ですが…
mini_121229_1142.jpg
編集部年末恒例のコミケ詣で!
今年も沢山の人で大盛況です。
晴れて良かった~~☆

鳴海澪さん 新レーベルから感動の新作!

Posted by PL編集部 on 2012. .28 作品情報★ルキア
さくらの契り


さくらの契り~何度でも君を愛す
著者:鳴海澪
イラスト:月城雨音


突然ですが、最近泣いてますか?
年末になると、雑誌テレビでも色々な企画ものをやっていますが、必ずあるのが「泣ける特集」
人はなぜ、「泣ける話」「泣ける映画」「泣ける歌」など、好きこのんで泣こうとするのでしょうか 
それは、にはストレス解消の役割もあるからだそうです。
涙には幾つか種類があって(単純にゴミが入った時に出るような、生理的な涙とか)、
そのうちのひとつが「ストレス解消」の涙なのだそうです。
そういえば、カラオケであえて泣ける曲を歌った後って、妙にすっきりしますよね。
あと、失恋した時も、わざと悲しい映画とか見て号泣すると、不思議とスッキリ…
失恋かぁ…遠い目)。

今日、ご紹介する鳴海澪さんの新作は、とにかく泣けます
通常、編集者は原稿の確認のため、何度も同じ原稿を読みますが、今回は読む度に泣きました。
話の結末が分かっているのに、それでも泣ける…。ああ、こうして思い出しただけでも泣けてきます
そして、不思議と読後はすっきり

そんな素敵なお話を書いてくださった鳴海さんからメッセージを頂きました。

☆   ☆   ☆   ☆   ☆   ☆   ☆   ☆   ☆   ☆
はじめまして。鳴海澪と申します。
この度、新レーベルLUCIAで「さくらの契り~何度でも君を愛す」を配信していただくことになり、大変嬉しく、そしてどきどきしています。運命に翻弄される恋人達をテーマにしようと決めてはみたもののなかなか上手く形にできなかった転生物ですが、担当さまにご指導と素敵なアドバイスをいただき、このたび無事完成を見ることができました。
明治・大正、そして現代と三つの時代にわたって、出会い、引き裂かれ、また巡り会って愛し合う恋人達のお話を楽しんでいただけたら幸いです。月城雨音先生がお描きくださった桜舞い散る煌びやかなカバーイラストが目印ですので、どうぞよろしくお願いいたします。
鳴海澪 拝。
☆   ☆   ☆   ☆   ☆   ☆   ☆   ☆   ☆   ☆

大変過分なお言葉を頂いて、恐縮ですが「さくらの契り~何度でも君を愛す」3つの時代を見事に描ききった、読み応えたっぷりの、上質恋愛小説です。年末年始どっぷりと物語にひたり、たっぷりと泣いて、ストレス発散してください。読後の気持ち良さは保証します!

編集部・紅子

主な配信サイト
携帯電子書籍サイト よみーな(docomo/au/softbank)
その他の携帯電子書籍サイト、PC、スマートフォンでも順次配信予定

映画「レ・ミゼラブル」を早速観てきました!

Posted by PL編集部 on 2012. .27 余談ですが…
世界各国でロングラン上演され続けている
大ヒットミュージカルの映画化ということで、
前評判も高かった映画を早速観てきました。

というのも、私は以前取り憑かれたかのようにこのミュージカルにはまり、
公演の間中、何度も帝国劇場に足を運んだ時期があったんです。
ほんと、あれは今考えると“病気”だったと思います。
主役のジャン・バルジャン役やバルジャンの天敵・ジャベール役を
4人の俳優が交代で演じるということもあり、
その組み合わせの違いを見るのも楽しくて、
お気に入りの俳優以外のキャストの時も見に行きました。

そして、舞台で見るだけでは飽きたらず、
とうとう新潮文庫版で全5巻という大長編の原作を初めて読むこととなりました。
そこには、幼い頃に読んだ、翻案された子供用の「ああ無情」とは、
全く別の世界が広がっていて、読了に時間はかかりましたが、
読んで良かったと思います(たぶん、再読はないと思いますが…)。

ほんと、ビクトル・ユーゴーって凄いなと思ったのは、
ジャン・バルジャンが、負傷した娘の婚約者を背負って、
パリの下水道を逃げる有名なシーンがありますが、
その前に、パリの下水道とは…と延々と何頁にも渡って語るんですよ。
一見、本筋からは脱線して見えるようなその語りが、
実に面白かったりします。
まさに、長編を読む醍醐味がそこにはありました。

そして、そんなミュージカルの映画版はどうだったかというと…。
冒頭の囚人・ジャン・バルジャンが登場する場面にまずガツンとやられました。
いきなりの中、バルジャン含む大勢の囚人たち
難破船(?)に綱を巻き付け、人力でから引き上げるというシチュエーションです。
これは、舞台ではほぼ不可能な演出ですからね。
そこから延々2時間45分余りに渡って、
視聴者をとらえて放さないすごい迫力でした。
もう一度見に行ってもいいかも…。
映画は好きだけど、ミュージカルはちょっと…と敬遠されていた方にも
オススメです!

編集部:羽舞燐

PC・スマートフォン対応電子書店での配信開始のお知らせ

Posted by PL編集部 on 2012. .27 お知らせ
今週も下記の作品がPC・スマートフォン対応の電子書店で配信開始になります。
※配信開始日は各書店の更新日によって異なります。

『うつしゆめ』 ※詳しい作品情報はこちら
 著者:那識あきら
 表紙イラスト:篁ふみ


『Secret Romance この愛は罪になる』
 著者:御堂志生
 表紙イラスト:ひたき


電子書籍サイト パピレス(PC/スマートフォン/iOS)
電子書籍サイト honto(PC/スマートフォン/iOS) 
電子書籍サイト BookLive!(PC/スマートフォン/iOS)
電子書籍サイト どこでも読書(PC/スマートフォン/iOS/フィーチャーフォン)

その他の電子書籍サイトでも順次配信予定です(ΦωΦ)


PR担当マメ

『撞着する積木』の、あの男が!?

Posted by PL編集部 on 2012. .25 作品情報★らぶドロップス
うつしゆめ

『うつしゆめ』
著者:那識あきら
イラスト:篁ふみ


今日、ご紹介するのは、高校教師女子生徒禁断愛を描いた人気作『撞着する積木』で、主人公の志紀に屈折した愛情表現をした優等生・柏木陸のお話です! 

この作品、紹介するのが非常に難しいのです
なぜなら、恋愛小説でもあり、ミステリーでもあり、感動の物語でもあり…とにかく、とっても凝ったお話なのです。ですから、作品のあちらこちら、細部にまで、著者の那識さんが張り巡らせたいくつもの伏線があって、私の下手な紹介がその「企み」を台無しにするのではないか? と思うとハラハラしてしまって。

という事で、あえて今回は、あらすじはご紹介いたしません!
ただし、ミステリー好きギャップ好き(完璧な男が私だけに見せてくれる意外な表情など)、美文好き…な読者の方には絶対オススメの作品だという事だけは申し上げておきます。

著者の那識あきらさんから、皆さまにメッセージを頂きました。

初めまして。「うつしゆめ」作者の那識あきらと申します。
この物語の主人公、柏木陸は、前作「撞着する積木」にも脇役として登場しております。いわゆる「スピンオフもの」ではありますが、前作を知らなくとも、全然、全く、断然、皆目、絶対に問題ない、完っ全っに独立した物語となっておりますので、未読の方もどうかご安心ください。
一筋縄ではいかない男女の、反目と恋愛を縦糸に、暗号だの謎解きだのちょっとしたミステリ要素を織り込みました。後日譚での「答え合わせ」までお付き合いいただければ幸いです。


               


弊社の著者の間でもファンの多い那識さんの新作
読後、きっと数々の伏線を確認するために再読したくなる事でしょう…。

紅子

主な配信サイト
携帯電子書籍サイト よみーな(docomo/au/softbank)
その他の携帯電子書籍サイト、PC、スマートフォンでも順次配信予定

「揺れる金の暴君」配信中

Posted by PL編集部 on 2012. .21 作品情報★ルキア
boukun.jpg
『揺れる金の暴君』
著者:かほり
イラスト:U子王子


今年は、夏があまりに暑かったせいか、
冬の寒さが、ことのほか厳しいように感じます…。

さて、明日からの三連休はいよいよクリスマス本番。
世の中、キラキラピカピカで、誰の心も躍る時期に、
新しいレーベルの誕生をお知らせします。
その名は「LUCIA(ルキア)」。
「キラめきとトキめき、愛の魔法をあなたに。
永遠の乙女に贈るファンタジックストーリーズ!」

です。

女性たちは、子供の頃から、そして大人になっても
ヒラヒラのドレスや、王子様が大好物。
外はどんなに寒くても、王子様さえいれば、心はぽかぽかと温かい。
そんな乙女心200%満足させる物語をお届けしていきますので、
どうぞお楽しみに!

「LUCIA(ルキア)」レーベル第1作は、イケメンの兄と漆黒の魔術師、
両方の寵愛を受けて心揺れる貴族の姫が主人公の「真紅の館の姫君」の続編
今度は、漆黒の魔術師・モスリーの恋愛物語です。

タイトルには、「揺れる」とありますが、
恋愛小説だからといって「心が揺れる」のだと思ったら大間違い。
主人公の魔法王国ヴァール・ドゥナ国王のカーラントの「性」が揺れるんです。
つまり、カーラントは「男」と「女」の間を行き来する、
不思議な少年(少女?)。
父の女癖の悪さに苦労をした母の呪いのせいで、
そんな体になってしまったカーラント。
しかも、絶世の美男子(美少女?)なので、周囲の男たちの心も揺れる…。
大揺れの物語の結末は……是非本編でご確認ください。

著者のかほりさんよりのメッセージです。
どうも、かほりです。
今回もてんこ盛りなファンタジーを皆様にお届けします。
『揺れる~』の主人公カーラントは二つの性を行ったり来たりしますが、
それは母親の呪縛によって縛られた心のせいでもあります。
彼女(彼)を女性として花開かせるには、どんな条件が必要なのか。
ご期待ください♪


編集部:KDS48

読みたい方はいますぐサイトへ!
携帯電子書籍サイト よみーな(docomo/au/softbank)
その他の携帯電子書籍サイト、PC、スマートフォンでも順次配信中

PC・スマートフォン対応電子書店での配信開始のお知らせ

Posted by PL編集部 on 2012. .20 お知らせ
今週も下記の作品がPC・スマートフォン対応の電子書店で配信開始になります。
※配信開始日は各書店の更新日によって異なります。

『落ちぶれ王子の花嫁さがし』 ※詳しい作品情報はこちら
 著者:前川うづき
 表紙イラスト:たなか


恋愛完備、トラブル付 ワケあり物件契約中【出張編】』 ※詳しい作品情報はこちら
 著者:真坂たま
 表紙イラスト:ヘビチヨ


電子書籍サイト パピレス(PC/スマートフォン/iOS)
電子書籍サイト honto(PC/スマートフォン/iOS) 
電子書籍サイト BookLive!(PC/スマートフォン/iOS)
電子書籍サイト どこでも読書(PC/スマートフォン/iOS/フィーチャーフォン)

その他の電子書籍サイトでも順次配信予定です(ΦωΦ)


PR担当マメ

ハマってます!?

Posted by PL編集部 on 2012. .19 余談ですが…
wagatsun_blog.jpg
『わがツン-わが家の長男ツンデレ社長-』1~3巻
住吉文子/エンターブレイン 各620円+税


お久しぶりです、ハム子です。
私、コミックはあまり詳しくないのですが、らぶドロップスのお仕事をはじめてからは、
ストーリーイラスト研究の為だったり、
弊社のイラストでお世話になっている漫画家さんの単行本だったり、
コミックを読む機会がぐ~んと増えました。

そうしたら「○m○zon」が、私にやたらあるコミックを勧めるようになりました。
ずっと無視していたのですが、何回も何回も勧めるんです。
でも、3巻刊行のお知らせが来たとき、
遂に「○m○zon」の誘惑に負けて購入してしまいました。
だって、あまりにインパクトが強いんだもん。
表紙のイカストいや、イラストが。

それが『わがツン』と私との出逢いでした。
結論から言うと、かなり好き
仕事の合間に眺めては、ニマニマしています

ざっくりと内容を紹介するとこんな感じ。
・ギャグ漫画です。
・全員母親が違う6人兄弟のお話です。
・兄弟は全員イケメンです。
・主人公は長男です。
・長男はとある大企業の社長ですが、家庭では主夫です。
・長男は一応ツンデレです。
・イカみたいな人は三男で、母親は宇宙人です。
・たぶん家族愛のお話です。

『わがツン』こちらのサイトで連載中
http://www.famitsu.com/air_raid/wagatsun/index.html
興味があれば、のぞいてみてくださいね。
プロフィール

PL編集部

Author:PL編集部
パブリッシングリンクが提供する「らぶドロップス」レーベルをはじめとする電子書籍の情報をお知らせするブログです。

 
最新記事
 
カレンダー
11 | 2012/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
 
カテゴリ
 
twitter(作品紹介用)
 
リンク
 
検索フォーム
 
QRコード
QR
 
月別アーカイブ