Loading…

『明日の君に逢いにゆく~天国のひとつまえ~』配信開始!

Posted by PL編集部 on 2017. .15 作品情報★フローライト
ashitanokimini_らぶドロップスブログ投稿用
『明日の君に逢いにゆく~天国のひとつまえ~』
霜月りつ/著 しんかわさよ/イラスト


今週配信開始になった
『明日の君に逢いにゆく~天国のひとつまえ~』は、
以前真坂たまさんがこのブログで連載していたショートストーリー
「シセイチョウ シリーズ」
書下ろし作品を加えて電子書籍になった作品です。

「あなたは今、生と死の狭間にいるのですよ」

病気や事故などで、『生と死の狭間』の空間にやってきた人々が
『死整庁』の職員を名乗る不思議な男性二人に生き返りのチャンスを与えられ、奔走する。
そんな不思議でちょっぴり切なく、そして心温まる現代ファンタジーです。

投稿サイト「メクる」でも連載され、
そちらでは22日まで電子書籍用の書下ろしをを除いた六話を読むことができます

こちらからどうぞ!
※22日以降は二話までの試し読みとなります。

いくつものペンネームで活躍されている真坂たまさんですが、
今後、一般作品は「霜月りつ」のペンネームに統一して書いていかれるそうです。
パブリッシングリンクでも、今作は霜月りつ名義で発売されます。

霜月りつさんからのメッセージです!

             

これは以前パブリッシングリンクさんのブログで無料配信していたものです。
メクるでの配信にあたり1本追加、さらに電子書籍用にもう1本追加してます。

私としても気に入っている作品です。
天国に担当者(迎えの人)がいるっていう設定はいろいろありますが、
私が最初に読んだのは中学生の時の星新一さんでした。

死整庁の人たちは1話目ではあまり感情も現さず個性もなかったのですが、
キャラクターを年配と若者にしてからは
このコンビがけっこうわちゃわちゃと絡みだしてはっきりしてきました。

顔がはっきりみえないキャラクターにしていたんですが、
イケメンにすればよかったですね(笑)。

読んで下さった方の胸に、なにか暖かいものが残れば嬉しいです。


             

この作品は連作小説集となっていて、一話ごとに主人公が代わります。
もちろん、どの作品も素敵なのですが、私のお気に入りは『紫陽花の少女』
老人介護施設で働く主人公が、ある人の思い出の中を巡ることになるのですが
長い時を経て、誰も知らない真実が明らかになったとき
思わずうるっと涙が……

吹く風に秋を感じるこの季節
ぜひ、心をほっこりさせてください♪

この作品が読めるPC・スマートフォン対応の電子書店はこちら。
※配信開始日は各書店の更新日によって異なります。
電子書籍サイト パピレス(PC/スマートフォン/iOS)
電子書籍サイト Kindle(PC/スマートフォン/iOS)
電子書籍サイト コミックシーモア(PC/スマートフォン/iOS)
電子書籍サイト ebookjapan(PC/スマートフォン/iOS)
電子書籍サイト 楽天kobo(PC/スマートフォン/iOS/)
スポンサーサイト
プロフィール

PL編集部

Author:PL編集部
パブリッシングリンクが提供する「らぶドロップス」レーベルをはじめとする電子書籍の情報をお知らせするブログです。

 
最新記事
 
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
 
カテゴリ
 
twitter(作品紹介用)
 
リンク
 
検索フォーム
 
QRコード
QR
 
月別アーカイブ